忍者ブログ

徒然なるままに・・・      【航海日誌~という名の雑記帳~】【航海日誌~評論してみる】
09 (2017)101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
【徒然に・・・】(2008/02/01)
【徒然に・・・】(2008/01/30)
【閑話休題】(2008/01/28)
【徒然に・・・】(2008/01/24)
【MR2】(2008/01/22)
【徒然に・・・】(2008/01/22)
【閑話休題】(2008/01/21)
【徒然に・・・】(2008/01/19)
【体調とか…】(2008/01/16)
【閑話休題】(2008/01/14)
【体調とか…】(2008/01/13)
【徒然に・・・】(2008/01/10)
【徒然に・・・】(2008/01/08)
【閑話休題】(2008/01/07)
【体調とか…】(2008/01/06)
【徒然に・・・】(2008/01/05)
【徒然に・・・】(2008/01/04)
【徒然に・・・】(2008/01/02)
【徒然に・・・】(2008/01/01)
【閑話休題】(2007/12/31)
【徒然に・・・】(2007/12/30)
【徒然に・・・】(2007/12/29)
【体調とか…】(2007/12/28)
【体調とか…】(2007/12/27)
【体調とか…】(2007/12/27)
[01/25 mass]
[01/23 mass]
[01/22 mass]
[01/15 mass]
[01/04 mass]
[12/29 mass]
[12/28 mass]
[12/27 mass]
[12/26 Hide]
[12/25 ステルス]
[12/25 mass]
[12/23 ステルス]
[12/21 mass]
[12/20 mass]
[12/19 mass]
[12/18 ステルス]
[12/18 mass]
[12/16 BlogPetの歳(the 2nd)]
[12/14 mass]
[12/13 mass]

10.21.19:08

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11.29.23:59

第363回 ε=ε=ε=ε=ε=(o゜ー゜)oブーン!!

こんばちわ

先日の記事でTE71のことに触れたので、チョット調べてみました。

それと、その後に乗っていたAE111

BZ-Rに乗っていました。
これについても同じHPで分かりました。

以下、長文でしかも、そこのHPからのコピーです。
まず、TE71
先代で問題となった排ガス規制を乗り越えて79年3月にフルモデルチェンジした3代目のレビン/トレノは、TE27以来にスポーティー感あふれる車になった。まず、先代からの大きな変更点は、リヤサスペンションで、バネがリーフ式からコイル式に変わってラテラルロッド付きの4リンク+コイルスプリングへと進化した。ステアリングギヤ比も16:1というクイックなものが採用されており、TE71系全車に減衰力が高めのショックアブソーバーが採用され、さらにはリヤもスタビライザーも備わった一方ブレーキも強化されブレーキも4輪ディスクに進化した。
進化したのはそれらのみならず、エンジンも然り。最高出力115ps/6000rpm最大トルク15.0kg-m/4800rpmを発生するに至り2T-Gの最高峰となったわけだが、レビン/トレノとして、TE71が最後の2T-Gエンジン搭載となる。
全長:4240mm 
全幅:1625mm 
全高:1325mm 
ホイールベース:2400mm 
トレッド(前/後):1340mm/1345mm 
車両重量:975kg 
エンジン型式:2T-GEU 
エンジンタイプ:直列4気筒DOHC 
総排気量:1588cc
 
ボア×ストローク:85.0mm×70.0mm 
圧縮比:8.4 
燃料供給装置:EFI 
最高出力:115ps/6000rpm
 
最大トルク:15.0kg-m/4800rpm 
ブレーキ(前/後):ディスク/ディスク 
サスペンション(前/後):ストラット/4リンク・リジット 
タイヤ&ホイール:185/70HR13&5J×13 
価格:134万3000円(79年3月)

次はAE111です。
95年5月に誕生したAE111は、レビン/トレノとしては7代目、FF車としては3代目となるモデルであり、悲しくもレビン/トレノの最終型だ。このAE111では、先代AE101を教訓とし、徹底した軽量化(-70Kg)、4A-Gエンジン性能向上とシャーシなどのさらなる熟成化をなしとげた。特に軽量化はCMにも「マイナス70Kgの挑戦」とも謳われた程でもある。
サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リヤがデュアルリンク式ストラットと従来通りだが、ブッシュゴム、アーム類などの改良によりさらに熟成がなされている。スーパーストラットサスペンション仕様のMT車には、アクセルにリニアに反応する日本初のヘリカルLSDが採用されている。
AE92、AE101と引き継がれたスーパーチャージャー搭載の4A-GZEは廃止された。AE111に搭載される4A-GEエンジンは、吸排気ポートの拡大、ピストン頂点形状などの最適化を行った結果、最高出力はAE101の4A-Gに対して5馬力アップとなる165psを発揮するに至っているが、トルクは変わらずである。マフラーにはバルブの開閉によってその特性を変化させる、2ウェイエキゾーストコントロールシステムを採用。これは、常用回転域ではバルブが閉じらることで低音の消音をし、高回転域では排ガスの圧力でバルブが開くようにし高音の消音と流路の変更拡大により排気効率を上げ、高出力を可能にしている。
4A-GEエンジンを搭載するのは、いままではGT系だったが、レビン/トレノともBZ-G/BZ-Vと呼称を改め2グレードのみとなった。BZ-Gはスーパーストラット仕様も選べたが、BZ-Vは最初からスーパーストラットのみであり、装備も若干省略された、より走りに振ったグレードである。
AE111デビューから1年が経過した96年5月のマイナーチェンジに、安全装備の充実化が計られた。内容はレビン/トレノは全車にABS、運転席SRSエアバックが標準されたことだった。
97年5月のマイナーチェンジで6速MTが採用された。採用グレードは日本では、スープラ、GTO、NSX等のについでの登場である。6速は従来の5速よりもハイギヤードで、高速巡航時の低回転化による省燃費低振動化に貢献し、5速まではよりにクロスレシオのギヤ比になっており、4A-Gの「おいしい所」を存分に楽しめる設計になっている。が、このマイナーチェンジから「GOAボディ」になり衝突時の安全性を高めたが重量が増えてしまい、せっかくの6速化の恩恵も減少してしまったのである。
全長:4305mm 
全幅:1695mm 
全高:1305mm 
ホイールベース:2465mm 
トレッド(前/後):1470mm/1450mm 
車両重量:1080kg 
エンジン型式:4A-GE 
エンジンタイプ:直列4気筒DOHC5バルブ
 
総排気量:1587cc 
ボア×ストローク:81.0mm×77.0mm 
圧縮比:11.0 
燃料供給装置:EFI 
最高出力:165ps/7800rpm(ネット)
 
最大トルク:16.5kg-m/5600rpm(ネット) 
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ディスク 
サスペンション(前/後):ストラット/ストラット 
タイヤ:195/55VR15
価格:189.9万円(98年)

記憶に残しておきたい車でした。

でわでわ


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら